葉が緑色をしている理由

 光には波長があって、可視光線は約400〜800nmといわれる。
 波長(*1)が比較的短いところでは青色、長いのが赤色、中間が緑色として認識できる。

 葉は細胞で構成されているが、植物細胞特有のものとして『葉緑体』がある。
 この葉緑体が緑だからなのだが、では、何故葉緑体は緑なのでしょう。

 葉緑体の構造は下図右のようになっている。このチラコイド内に同化色素という光合成に
 とっても関係の深いものがある。
 この同化色素の代表的なものがクロロフィル(*2)である。

 光の吸収率と波長の関係を見てみると、青紫、赤の波長で吸収していることがわかる。
 一方緑色の波長では、吸収率は低い。ということは緑色の光は吸収されず、反射してしまう。
 そのため、私たちの目には緑色が飛び込んでくる。

 *1 波長の長い方から(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)
   ナノメートル:nmは1mmの10万分の1。(上図左)
 *2 他にカロテン、キサントフィルなどがある。