風邪をひくとリンパ腺が腫れる理由

 人体に病原体が侵入すると、 血液中の白血球は体内を循環しているので、
 すぐにその場所に駆けつけることができる。
 そして、まず「顆粒球」と「マクロファージ」という2つの免疫細胞が、
 人体に侵入した病原菌を食べつくそうとする。

 顆粒球とマクロファージは、私達が健康な時にも常に戦っている。
 しかし、顆粒球とマクロファージは、どんな時にも通用する程強くはない。
 そこで、B細胞が、それぞれの病原体に応じた抗体を作り、攻撃する。
 予防接種は、その力を利用したもので、少量の病原体を体内に入れ、
 前もってB細胞に抗体を作らしておくことによって予防する。
 T細胞は、病原菌に冒された感染細胞を攻撃し、その繁殖を抑える力を持っている。
 NK細胞の役割は、主に癌細胞を見つけだして、これを攻撃すること。

 しかし、敵(病原体や感染細胞)が増え、このままでは戦況が不利になると、
 マクロファージがリンパ腺に助けを求めて走る。
 リンパ腺には多数のB細胞・T細胞が待機していて、
 マクロファージは病原体の情報を与えて応援を求める。
 マクロファージから情報を得たB細胞は抗体を作り、T細胞と共に戦いに向かう。
 戦いの場に駆けつけたB細胞・T細胞はすぐさま病原体を撃退。
 こうなれば悪化した戦況は一気に好転。
 リンパ腺が腫れるのも、この戦いがリンパ腺内で起こっているから。