K点とは

 K点とは、ドイツ語の建設基準点(KONSTRUKTIONS PUNKT)の略で、
 昔は「これ以上飛んだら危険」(KRITISCHER PUNKT)という意味だった。
 なぜ危険かというと、上から飛んで来てK点を越すと着地面が目の前に迫って来る
 巨大な壁に見える。
 つまり、ランディングではなく白い壁に体当たりしていく感じになって危険ということ。